ヨーロッパ 世界一周マイル旅行記

ブリュッセルからモントリオールへ

2017年8月27日

14ヵ国目の【カナダ】へ

1か月以上滞在したヨーロッパに別れを告げ、北米に移動します。

ベルギーのブリュッセルからカナダのモントリオールへ。

日本を出国し、6歳の長男と旅を続け2か月が経ちました。

2人とも今のところ大きなケガや病気等もなく、旅を続けられています。

日本で待つ家族に感謝しながら、残りあと1か月、健康・安全第一で楽しんでいくぞ!!

ということで今回ブリュッセルからモントリオール便に搭乗する航空会社は「エアーカナダ」です。

2か月の間に数社の航空会社のビジネスクラスに搭乗しましたが、「エアーカナダ」がダントツナンバー1です!

飛行時間は約7時間30分。

今回の世界一周は「マイル」で全行程ビジネスクラスを手配しています。

こんな贅沢はマイルだから可能であって、とてもじゃないけど買えないですよ、僕は!!

 

離陸直前のコクピットへ

搭乗すると席からコクピット内が見えます。

離陸前は客室乗務員などと連絡を密にしているようです、いちいち閉めていられないですね。

そこで客室乗務員の方に図々しくも「コクピットの中がみたいなぁー」とオファーします。

機長に確認してくれますが、ほとんどお断りされます。

ちなみに勝敗は2勝5敗です(+_+)

成功の確率は約30%。

もし、チャンスがあればダメ元でお願いしてみてください。

 

・エアーカナダAC833

ベルギーのブリュッセルからカナダのモントリオールへはAC833という便に搭乗します。

搭乗時間まで専用のラウンジがあるので待機します。

ラウンジから搭乗する飛行機が見えました。

ラウンジにもよりますが、基本的に食事・アルコール・シャワールームなどが常備されているところが多いように思います。

もちろん、ネット環境もコンセントも揃っています。

搭乗時間になり、ゲートへ向かうと専用の入口から機内へと入っていきます。

席に着くと「ウエルカムドリンク」「おしぼり」が運ばれてきます。

アルコールもしくはソフトドリンクから選ぶことができます。

長男はオレンジジュースをチョイス。

離陸前には全て回収されます。

機内は個別にスペースが確保され、斜めに配置されているのは面白ですね。

お隣さんの姿は全く見えず、プライベート空間が確保されているように感じました。

離陸後、食事のメニューを持ってきてくれて、数種類の中からセレクトすることができる。

白いテーブルカバーを掛けてもらい、間もなく食事が運ばれてきました。

前菜はパンとサラダ、白身のカルパッチョとミルク。

メイン料理のお肉は柔らかく、デミグラスソースの香りが良い。

レストランで食べるレベル、めっちゃ美味しかったです。

デザートは三色のアイスクリーム。

最新の映画が見れるのもありがたいですね!

夕食後はシートをフラットにして就寝タイム。

枕と毛布は客室乗務員がタイミングを見て持ってきてくれます。

朝食は柑橘系フルーツとパンにサラダ。

毎食大変美味しく、親子で全て完食してしまった。

長男は何でも食べれるので大変助かる。

夕食→睡眠→朝食→ゲーム。

退屈せずに7時間35分を過ごすことが出来た。

カナダはモントリオールとバンクーバーで約2週間の滞在です。

初めてのカナダ、どんな経験が待っているのだろうか!(^^)!

-ヨーロッパ, 世界一周マイル旅行記

Copyright© 旅するメロンパン⭐パパ , 2020 All Rights Reserved.