世界一周マイル旅行記 北中米

ハワイ・オアフ島のシンボル「ダイヤモンドヘッド」

投稿日:2017年9月25日

ダイヤモンドヘッドとは…

ハワイ・オアフ島のシンボル的存在といえばダイヤモンドヘッド。

1968年、ダイヤモンドヘッドはハワイ州の自然公園になりました。

もともとハワイは火山の噴火でできた島々。

未だに火山活動が続いているハワイ島のキラウエア火山などもありますが、ダイヤモンドヘッドの噴火は約30万年前に起こりました。

火山というだけに、中心部分のクレーターはくぼんでおり外側は高さがあります。

外輪山の一番高い部分が標高232m。

そこがダイヤモンドヘッド・トレイルの山頂になります。

 

名前の由来(他説あり)

ハワイを「発見」したのはイギリスのジェームス・クック船長。

18世紀後半にクックがハワイに上陸して以来、イギリス人は何度もハワイを訪れています。

彼らの長い航海の目的は「金(ゴールド)」探し。

当時の彼らにとっては目に入るものがすべて貴重なものに見えたのでしょうか。

火口壁に埋まっている方解石を見つけ、「おおっ、こんなところにダイヤモンドが!」と間違えたところから、「ダイヤモンドヘッド」と名付けられたといわれています。

 

ダイヤモンドヘッド登頂

登山口のすぐ右手にトイレがあります。

この先にはトイレはないので、ハイキングを始める前に行っておくとよいでしょう。

ビジターセンターにある公衆トイレは綺麗に掃除されており清潔です。(下写真の右側の建物)

スタート付近はコンクリートで舗装された歩道になっています。

歩道周辺には乾燥に強い植物が生育しているのが分かります。

5分ほど歩くとコンクリートの舗道が終わり、ここから山道になります。

斜面もちょっと急になって「登山」という感じになってきます。

途中から道幅が狭くなるので、降りてくる人と道を譲り合いながら進みます。

途中、ベンチがあるので休みながら進みます。

頂上までもう少し、階段を上った先がゴールです。

出発から40分ほどで頂上に到着。

オアフ島の絶景が360°のパノラマ状に見れます。

4歳の三男は体力の限界を迎え、抱っこで下山します。

6歳の長男は自力でダイヤモンドヘッド制覇しました。

クタクタのようですが、何とか行けたという感じです。

 

持ち物&服装

登山口から山頂までは片道約1.3km、大人で30分くらいの距離なのであまりあれもこれもと持たず、身軽に行きましょう!

  • 履きなれたスニーカー
  • 帽子や日焼け止め
  • カメラなどの撮影器具
  • タオル

 

基本情報

住所Off Diamond Head Rd. Between
Makapu'u Ave. and 18th Ave., Honolulu
TEL/FAX(808)5870300 / (808)5870311
アクセスワイキキから車で10分
駐車場有(有料)
営業時間6~18時
定休日なし
所要時間目安2時間以上
公式サイトhttp://dlnr.hawaii.gov/dsp/parks/oahu/diamond-head-state-monument/
入場料有料
大人:1USドル(歩行にて入山の場合)
普通車1台5USドル

 

アクセス方法

ワイキキから見えるダイヤモンドヘッドですが、歩くにはちょっと遠いので、ハワイの市バス(ザ・バス)かレンタカーで行くのをおすすめします。

ワイキキトロリーのグリーンラインでも行くことが出来ます。

 

バスで行く場合

料金: 1回の乗車賃 $2.75、1日パスは$5.50

★ワイキキ⇒ダイヤモンドヘッド
◇Route23:Hawaii Kai-Sea Life Park、または Hanauma Bay
◇Route2:Waikiki-Diamond Head-KCC

ワイキキ・クヒオ通り「海側」の最寄りのバス停から乗車し、23番であればダイヤモンドヘッド・クレーター入口のバス停241で降車。

2番の場合は、手前のファーマーズマーケットで有名なKCC(カピオラニコミュニティカレッジ)が終点となりますので、バス停4538で降ります。

23番は50分、2番は10~15分間隔で運行。

そして登山道の入口には、バス停から徒歩15~20分ほどで到着します。

 

★ダイヤモンドヘッド⇒ワイキキ
◇Route23:Waikiki Beach&Hotels
◇Route2:School St-Kalihi Transit Center

ダイヤモンドヘッド・クレーター入口まで戻り、目の前のダイヤモンドヘッド通りを渡り、23番の場合はバス停229より乗車。

2番の場合はバス停230より乗車。

しかし23番は50分、2番は10~15分間隔で運行していますので、バス停230まで歩いて、早く来たバス(2番か23番)に乗るほうがいいかもしれません。

ワイキキでは、クヒオ通り「山側」の最寄りのバス停で降車してください。

 

レンタカーで行く場合

トンネルを抜けるとダイヤモンドヘッド州自然記念公園内にある駐車場に停めることができます。

ただし、駐車できる台数が限られており、満車の場合は右側に縦列して空きが出るまで待たなければなりません。

待つ車が多くなると駐車場からはみ出るため、入口で「Uターンして30分後に戻ってきてください!」などといわれる場合もあります。

レンタカーでいく場合は、混雑が始まる前の早めの時間をおすすめします。

私は早朝8時でギリギリ駐車できました。

レンタカーの入場料金は1台$5で、現金のみの支払い。

お釣りは出してもらえませんので、きっちり払えるように細かいお金を用意してください。

 

-世界一周マイル旅行記, 北中米

Copyright© マイルで旅するメロンパン⭐パパ , 2019 All Rights Reserved.