ヨーロッパ 世界一周マイル旅行記

1987年世界遺産に登録された【パルテノン神殿】

2017年5月23日

アテナは、知恵・芸術・工芸・守りのための戦略を
司るギリシャ神話の女神であり、女神アテナを
守護女神として祀るために作られたのが
パルテノン神殿。

そんな、パルテノン神殿はアテナイの
アクロポリスと呼ばれる標高156mの
小高い丘の上に約2,500年前に建造されました。

アクロポリスの丘を登ること約30分。

頂上は岩がゴツゴツしていて足場が悪い。
しかし、景色は最高!!

アテネの街が一望できるスポットでもある。

街を背にすると「パルテノン神殿」
荘厳に建っている。

まるで神殿がアテネ市街を見下ろすように。

しかし、残念なことに修復作業中のため、
今回は少し離れたところから見ることに(⌒-⌒; )

修復が終われば間近で見れるので、
また訪れたい場所に決定!

それでも十分に迫力は伝わってくる。

 

こんな足場の悪い場所でもパルテノン神殿を
バックに各々が有意義に時間を過ごしている(笑)

昼寝をする人、瞑想する人、読書をする人etc..。

僕たちはギリシャのパワースポットで充電し、
アクロポリスの丘を降りることにした。

帰り道、アクロポリス南西麓にある
野外音楽堂の「ヘロデ劇場」へ立ち寄ってみた。

ここは当時のギリシャ人貴族が妻を偲んで
建設したとされており、収容人数は5,000人。

なかなかの規模である。

かなりの歳月が経っているのにかなり
はっきりと残存している。

 

【基本情報】

パルテノン神殿は現存している
ギリシャ古代建築では最高峰の技術を誇っている。

1987年に世界遺産に登録されました。

合計46本の円柱が支えており、
その表面に施された装飾彫刻は
完成までに15年を要した。

微妙な曲線を描いている46本の柱は
鑑賞者が下から見上げた時に均等に
見えるよう緻密に計算され造形された。

そのため、柱1本、1本も太さや間隔を
変えて建てられています。

このような建築技術は驚くべきもので、
約2500年前の建造物が現代でも
存在し続けることはまさに奇跡と言えます。

 

アクセス方法

-ヨーロッパ, 世界一周マイル旅行記

Copyright© 旅するメロンパン⭐パパ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.