ヨーロッパ 世界一周マイル旅行記

オペラ座のシンボル【オペラ・ガルニエ】

2017年8月17日

【オペラ座の怪人】の舞台
オペラ・ガルニエ

オペラ・ガルニエと呼ばれる理由は、当時無名の若手建築家だった35歳のシャルル・ガルニエ(Charles Garnier)の名前に由来したもの。

ナポレオンに命じられて造られた「オペラ・ガルニエ」。

年間を通してオペラの名作や一流バレーの公演が毎晩のように行われています。

オペラ座の内装は豪華絢爛な古典様式とバロック様式を取り入れており、美しい彫刻やモザイクが煌びやかに飾られています。

中でも劇場ホールのシャガール作の天井画は世界的にも有名です。

オペラやバレーは夜からの公演がメインで、日中は歴史ある劇場ホールや豪華な通路などが見学が可能。

公演がない昼間の時間帯は一般に開放されているため、オペラのチケットが無くても館内の見学は自由。

 

オペラ・ガルニエの入場料と開館時間

・見学入場料

一般:14€ (特別日 12€)

割引:10€ (特別日 8€)

 

・割引き対象

※10~25歳、学生

※オペラ年間パス会員者

※各種身分証明書が必要です。

 

・無料対象

※子供 10歳未満

※身体障害者と付添い1名、失業者、未成年のオペラ年間パス会員者(Pass’ Opéra Jeunes)

※各種身分証明書が必要です。

 

入場チケットの事前購入

・オペラ・ガルニエ公式サイトがサポートするFnacチケットセンターサイトより事前購入することができます。

・発券からその年の年末まで有効。

 

・チケットの受取り方法
Eチケット、郵送(フランス国内のみ)、フランス国内になるFnacチケットセンター窓口での受取りのいずれかが選べます。

・チケットの受取り方法により発券手数料がかかります。

 

・チケット事前購入サイト
Palais Garnier >>

 

当日の入場チケット購入方法

・オペラ・ガルニエ内のチケット販売窓口で購入できます。

・チケット販売窓口は、オペラ・ガルニエ建物を正面に見て左(西側)にある入口より入場するとすぐにあります。

「Billetterie」(=チケット販売)の窓口が目印です。

・窓口での販売は、閉館時間30分前まで。

・チケット自動販売機での購入と係員がいる窓口での購入ができます。

・自動販売機はクレジットカードのみ支払い可能。

・係員がいる窓口はオペラ公演チケットの販売も行っているため多少の待ち時間がかかります。

 

オペラ・ガルニエの見学可能日

・見学の開館日

・毎日 10:00~16:30

・7月中旬~9月中旬は18時まで

・閉館日 1/1(祝)、5/1(祝)

 

・見学できる日の条件

オペラ・ガルニエの見学は、開館日であっても劇の公演準備が優先されるため見学ができない場合があります。

※午後公演がある場合は、12時30分まで、午前中のみ見学可となります。(通常は夜の公演が主流です。)

※舞台設備の準備やリハーサルスケジュールのため、劇場ホールが見学できない日があります。

※上記、午前のみの開放日や特別見学閉館日の情報は、オペラ・ガルニエ公式サイトより事前に確認ができます。

 

参照サイト: オペラ・ガルニエ公式サイト見学不可日リスト(英語) >>

 

オペラ・ガルニエのアクセス方法

メトロで行く

最寄り駅は、3号線・7号線・8号線 Opéra(オペラ)駅です。

オペラ駅からガルニエ宮まではわずか徒歩3分

地下鉄の出口から出ると、目の前にガルニエ宮があります!

迷う心配がないので安心ですね。

※オペラ駅はかなり人が多い駅ですので、スリや置き引きには十分注意してください!

 

RERで行く

最寄り駅は、A号線 Auber (オベール)駅です。

オベール駅からガルニエ宮まではとても近く、歩いて2~3分で着きます。

オペラ座の豪華絢爛な建物が目印です。


 

 

-ヨーロッパ, 世界一周マイル旅行記

Copyright© 旅するメロンパン⭐パパ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.